Izaura

Quiet Life


つい先日ツイッターを見ていたら元JAPANのベーシスト、ミック・カーンが進行性の癌を患っていると聞き、驚きました。

こちらのサイト様で、日本語訳も読めます。

c0207394_1161353.jpg


書くところによると末期とも書かれているけど…正直癌の知識がないせいか、どっちなのかは良くわからない…。

ただ、進行期ということは、リンパやほかの部位にも転移する可能性がかなり高いということ。


ミックは現在かなり経済的に困窮していて、治療を受けるには資金が足りないそうで、募金も出ています。

ただ、本人はこのことを正直に受け止め、病気と闘うことを決意しているようです。




経済的に困窮していて、発見が遅れちゃったクチかもなぁ…。

まだぜんぜん若いし、進行をなんとか食い止められればいいのだけれど…。

正直彼は結構気に入ってるベーシストのせいか、かなり不安です。


実は譜面がまったく読めないというミック・カーン。

そのためかかつて同じメンバーであったデヴィット・シルビアンや、音楽仲間の坂本教授らからは結構馬鹿にされていたそう。

そのコンプレックスがあったものの、独学で自身のスタイルを極めた彼のプレイは唯一無二という言葉がぴったりでありますね。





結構セッションミュージシャンとして有名ですが、彼がいるとグルーヴもかなり違った感じになり凄いセンスを感じます。JAPANが日本での人気の全盛期を迎えたころ、かのジェフ・ベックが彼の才能に驚き、自分のバンドのメンバーとしてほしがったのも有名な話。



ケイト・ブッシュ、ピート・タウンゼント、フィル・コリンズといった大御所に囲まれて演奏するミック・カーン。
本来はベースというポジションは目立たない筈ですが、一瞬で音が特定ができるほど印象的ですね。


マルコム・マクラーレン、マルセル・ヤコブ、ロニー・ジェイムス・ディオなど有名なミュージャンが死んだり、スコーピオンズの解散、エアロスミスのスティーヴン・タイラーの脱退騒動など、今年は半年もう経ちましたが、かなり荒れていますね。

何か、悪い予感がするっていうか…音楽業界にも明るいニュースってないのかなあって思ってしまいますね。

ミックも凄くつらい状況でしょうが、がんばってほしいです。 彼ほどの才能の持ち主がここで終わってしまうのはもったいないし辛い。 

募金もするかな。
[PR]
<< 6月11日 6月7日 >>