Izaura

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Tod Und Zerstörung

ピッキングのフォームや置く位置の個人的な考察、研究です。

完全な自己満足だから、間違ってるかもしんないんだかんね!


とりあえずストラトの奏者を調べてみた。

①.ジミ・ヘンドリックス

未発表アルバムがでるらしい彼。
ジミヘンは親指を剃り返した個性的なピッキングで有名ですね。
フル・ピッキングのような早弾きには向いてない気がするフォームですがこういった工夫が彼のサウンドの根底にあるのかもしれません。

右利きのギターをひっくり返す奏法のせいか、シールドとボリュームノブが肘の位置にきます。

そのせいか手首を曲げて位置を固定してますが奇抜に動き回りますね…。
どうなんだろう…。


②.エリック・クラプトン

Cream期のサイケっぽいSGなどいろんなギターを使ってる彼ですがここはトレードマークのBlackie
の演奏ですね。
構え方としてはジミヘンと似てるんだろうか。 ピックのフォームはクラプトンのほうが軽く見えるかな。
初期は結構強めに弾いていた分演奏の途中でピッチが狂うということが多かったみたいですが。
鮮やかな運指のスローハンド含めピッキングも凄い綺麗ですね。


③.リッチー・ブラックモア
ストラトの常識を超えたプレイで一躍有名になった人。
指板に特殊な加工を施してたりしますね。スキャロップド加工ってやつか。
これは中世の古楽器をモチーフにした加工だってインタビューでいってたかな。
リペアマンに加工したストラトのフレットを修理に出したら三日三晩かけて紙やすりで削った指板を古くなって削れてしまったものだと思われてしまい元に戻されてしまったときは怒り狂ったそうなw

前の二人のピッキングに比べて荒々しい感じものの、早く正確なんですね。
でもノイズとかいろいろ混ざった感じな音だなぁ…。
この人も小指をピックガードにつけて固定してるのかな。
浮いてるときもあるんだけど…。

④.イングヴェイ・マルムスティーン
現代のプレイにおいて重大な役割を果たした人。この人の登場で全てのロックナンバーのBPMが30上昇したという逸話もw
リッチーのプレイを更に加速させたような感じなんだろうか。
リッチーよりもレガートプレイを好まずピッキングで押してくる感じ。
こうゆう点はリッチーよりもウリ・ジョン・ロートの影響が強いのかもしれませんね。
曲そのものを弾くというよりも自分のニュアンスを大事にするスタイルのせいかこの人は演奏が素晴らしい時とショボイ時の格差が意外とありそうですね。
弦のほうも非常に細いものを使っていて、エフェクターのオーバードライブも歪みが軽めで
そのせいか音は繊細で綺麗。
えらく早く弾いても音が崩れないような工夫なんでしょうかね。
メロディを大事にするイングヴェイらしい発想だな。うん。

この人の場合はタッピングみたいなトリッキーなプレイはあまりしないので常に指を固定してますね。
小指だけ別の位置にある時もあるみたいだ。


こうして見てみると各自音の表現ごとにいろんなフォームを変えながら弾いてるみたいですが皆ある程度固定する位置があるみたい…。
とりあえずストラトの大体の人の固定位置がわかったのは良い収穫だ。
[PR]
by Macarena-aa | 2010-01-31 05:08 | 楽器

De Mi Corazon Ai Aire

レポート作業に追われてます。。。

そろそろ大学は春休みに入るころなので(しかも異様に長い)
楽器も欲しいしアルバイトやろうかなーと思って応募してみました。

雑貨屋?ブティック?良くわからんのですが('・ω・`)。


新しい楽器を購入しようと計画を立て、いろいろな所で試奏させてもらったのですが。。。

私はいつも使っているギター(レスポール)をピッキングする際にエスカッションに指を添えて弾いてるんですね。
c0207394_2525922.jpg

※エスカッション

そもそもこうゆうピッキングの仕方ってカッティングやスウィープがやりにくかったりしてあんまする人いないのかな?

同じレスポールや、エスカッションのついてるギターなら大丈夫なのですが、フェンダーとかシングルコイルでエスカッション自体がついてないギターはどの位置に手を置いていいのかわからない…。

という事になってます。

次回はちょっとギタリストのピッキングの置く位置とかを研究してみます。
[PR]
by Macarena-aa | 2010-01-31 02:56 | 楽器

El Colibri


投稿したはずの記事が消えちまった('・c_・` ;)

くそう・・・・・・・・・・・・・・。


c0207394_315977.jpg



マイケル・シェンカーのInto The Arenaをマスターしました。




ギターを始めてもう1年になり、現在弾けるようになった曲は11曲。

Ledzeppelin(4曲)Santana(4曲)Judas Priest(1曲)Extreme(1曲)

そして今回のマイケル・シェンカー。

暴風雨の如くド派手なプレイが特徴の彼ですがこの曲は比較的曲の構成を優先した良く練られている曲なので意外とプレイは大人しめです。
初心者の私にもとっつきやすくそんなに時間がかからずに弾けるようになりました。
ただチョーキングの多いこと…指がガチガチになりました(笑)

曲のレパートリーが全然増えないです…。
そりゃ簡単な曲をホイホイマスターしちゃえばどんどん増えるわけですがそれは納得できない(笑)
しかもマスターといってもマイケルのようなプレイは微塵も出せないわけで上達を感じることは感じるんですがやればやるほど自分の弱点が出てくるというか…。

…キリがないですね。

もっと頑張らなきゃなぁ…と感じます。 まぁ、楽しいから苦にならないんですけどね。
だが弾けないとイライラする(笑)

これから機材が増えたら動画とかMP3も投稿してみようかな。

そのためにはもっと上手くならないと('・c_・` ;)

ちなみに次はVan Helenの暗闇の爆撃をやってみようかな~とw
これができれば脱初心者名乗っても…う~むw
コピーするだけじゃなく、自分のプレイも身につけなきゃ。

頑張るぞ!
[PR]
by Macarena-aa | 2010-01-21 03:15 | 楽器

Brass And The Blues

c0207394_11291650.jpg


ジョニー・ウィンターのアルバムです。

ギブソンのファイアバードといえばこの人くらいしか思いつかないw

Johnny WinterとJohnny Winter And Live が一枚に入ってる輸入版です。

このライブアルバムのほう、雑誌でイングヴェイがお気に入りの1枚と上げていたアルバムなんですね。



イングヴェイがw


イングヴェイってwikiとかで見る限り「天上天下唯我独尊」を地で行く男って感じで書かれてて他のバンドとか(ましてやブルースや最初のロックミュージック)にはあまり興味ないのかなぁって思ってたら全然そうでもないんですね。

ローリングストーンズとか絶対聴かないと思っていただけにかなりビックリでした。

何か良く滅茶苦茶なことはいうんですけど普段は凄い良いこと言ってるんですよねこの人。


で、肝心のライブアルバムの感想は「凄い」の一言でした。

この時代のギタリストでは1.2を争うくらい上手いんじゃないんだろうか。

イングヴェイがベタ褒めするのもわかるw

クラプトンが自身のプレイを参考にしたり、「100万ドルのギタリスト」とあだ名で呼ばれてたのもわかるw

唸るような歌声は先輩のブルースギタリストの影響を強く感じさせる上に自分のプレイが完全に確立してるっていうか…。もうちょっと聴いてみたい…。

スタジオアルバムよりライブの人。 来日は無いのかなあ…。

ロック好き、ブルース好きにはこのライブアルバムは必聴盤だと思いました。


[PR]
by Macarena-aa | 2010-01-18 11:49 | 音楽

あす


いろいろやっていて先延ばししていたら二ヶ月、久々の投稿になっちゃいました。

すみません(汗)

とりあえず今日から用事も大分済んで、まともな更新ができそうです。

投稿したいネタも増えたしね!





ついでにこんなものを買ってみました。

ギタートレーナーです。

携帯の音楽プレーヤーなんですが、ギターとイヤホンをつないで一緒に演奏できるもので、入ってる曲のギターパートだけ抜いたり、テンポやキーの上げ下げ、ループ再生などができるものです。

メトロノームやチューナー、マルチエフェクターまで内蔵されてるので室内なんかでは音を出さずに練習できる。

マルチエフェクターが楽しくて昨日なんかずっとやってましたw
[PR]
by Macarena-aa | 2010-01-15 10:52 | 楽器